CONSTRUCTION
建設事業

ONLY ONEの技術開発を絶え間なく提案し、地球環境に貢献する

成友興業は、今まで地域生活に密着した
道路や橋を作ってきましたが、
施工能力も高まり今では、国の工事や大型JV工事も
手掛けられるようになりました。
良いモノを作るためには、まず良いヒト(良い技術者)を
作らなければならないという理念のもと、
人材採用・人材教育に努めています。
活気に満ち溢れた平均年齢29.5歳の若手技術者集団が、
「Thinkahead」を実行するべく
日々成長していることが、建設事業の強みです。

初めて現場代理人として一人で造成工事を任された時、この現場は結果としていい評価を得られませんでした。しかし工程管理・原価管理・安全対策等、全てを考え決めたことは、何事にも替えがたい経験と自信になりました。この現場で、今につながる大きな成長を得られたと思っています。
今では、一級土木施工管理技士の資格を取ったことで、より大きな現場を任されるようになりました。
そして、学生の頃からつきあっている女性ともうすぐ結婚します。これからは社会人・家庭人として次に貢献できることは何かを考え、新たな自信を積み上げたいと思っています。

建設事業を会計面から支えたい。そんな想いを胸に経理職で入社しました。当初は、工事現場に何度も同行させてもらい、経営資源がどのように動き会計に関わるのかを、目で見て学ぶ機会をいただくなど、会社にバックアップしてもらいました。結果、建設業経理士一級を取得する事ができ、月次の工事決算書の作成や工事ごとの損益管理を行えるまでになりました。
さらに今は、IPO実務を担い、上場へ向けた体制整備や上場申請書類の作成等を行っています。上場式典で社長が鐘を打つ場面を夢に見つつ、会社が更に成長したパブリックカンパニーとなるよう日々仕事に励んでいます。

上司・先輩の丁寧な指導や若手社員への充実したサポート制度もあり、二級土木施工管理技士の資格を取得することができ、現場代理人として、東京都発注の一億三千万円を超える街築工事を任されるまでになりました。工事内容は、景観を良くし、安全性を向上させることが目的であり、歩行者通路と自転車通路の二分割を行う工事です。
経験を積む中で、教えて貰う立場から、後輩に教える立場への変化を実感しています。
今後は一級土木施工管理技士の資格を取得し、地域にも会社にも認めてもらえる現場監督を目指します。

入社当初は建設経理事務として配属されました。頼りになる先輩が付いてくれていたこともあり、一年目とは思えない責任のある仕事をたくさん任せていただきました。
工事に関わる仕事を経験し、今はより会社全体の事を分かるようになる為、総務企画部で新たな仕事にチャレンジしています。
これからも現場代理人の方々に負けないように、持ち前の吸収力で多くのことを学び、次世代の成友興業を担う人材になりたいと思っています。

仲間でひとつのものを作り上げ、地域の人に喜んで頂ける建設業界に魅力を感じ入社を決めました。女性が少ないイメージで不安はありましたが、最近では女性だからこその強みがあると感じ始めています。
現在は、工事に関する書類作成や先輩に同行して測量をする等、現場補助業務を行っています。研修で勉強してきた事と実際の現場での作業の違いを肌で感じ、成長を実感している毎日です。
今は頼りになる先輩の背中を追いかけるばかりですが、現場でも事務所の仕事でも早く任されるよう、さらに仕事内容に磨きをかけていきます。

GALLERY
建設事業ギャラリー

case.1
路面補修工事

(28西の3)

case.2
八王子南バイパス

国交省

case.3
16号昭島

国交省

case.4
道路改修工事

(27北北-廻田)

case.5
道路改修工事

(26北北-廻田)

case.6
路面補修工事

(26南西の9)

case.7
路面補修工事

(25北北の21)

case.8
西池袋

(28西の3)

case.9
道路改修工事及び補償代行工事

(西-草花の3)

case.10
道路改修工事及び補償代行工事

(西-福生の9)

case.11
福生西-8